2012年12月15日

K374レビュー。

2012年11月15日に6,980円で購入。
正確な稼働時間は測っていないのですが、100時間は超えてるはずです。

筐体はかなり小さく、装着していると正面から筐体がほぼ見えないくらいです。
筐体に小さな穴が2つ(筐体上部、ステム上部)空いています。
コードがしなやかなものでは無いので割りと扱いづらいです。
作り自体は問題無く、安っぽくもないのですが、一度だけプラグを抜く際にプラグの赤い部分がすっぽ抜けてしまったことがあったので注意が必要です。
デザインはAKG製品ということで洗礼されていますね。シンプルでとてもかっこいいと思います。
装着感も問題無いです。非耳掛け式で楽に描けられますし、特に異物感もありません。
ただ、良くある左側だけにポッチがついてたりと言ったものがなく、左右どちらも全く同じつくりになっていますので、暗いところでは左右の見分けが全くつかないことが不満でしょうか。
以外に不便で困ってしまいます。


音質の方はかなり健闘しています。

解像度は高く、音が団子になって聞こえることはまずありません。しっかりと細かい音まで聞き分けられます。
音場は、筐体に小さい穴が開いているためかそこそこ広く感じられます。ただ、10Proやセミオープン型のイヤホンと比べてしまうと劣ってしまいますね。
流石にこれらのイヤホンを使用したあとにK374を使用すると少し狭く感じられます。密閉カナル型の宿命でしょうかね。
ただ、音の空間表現と言って物はかなり上手だと思います。平面的になるのではなく、横に広く音が重なっているように感じました。


音域別に聴き比べてみると、やはり低音が一番目立って聞こえます。
ダイナミック型らしく、ズンズンと力強い低音が感じられます。すっきりと締まった低音とは流石に言えませんが、ボワつきのない響くような力強い低音ですね。
AQUAPLUSのPureに収録されている曲を聞いていると、低音が本当に心地良く聞こえます。

低音が目立っているせいか、高音、中音は低音に比べると少し引っ込みがちに聞こえます。
ボーカルでも、ソースによっては低音に負けて引っ込んで聞こえるものもありました。
高音の方も同じように引っ込んで聞こえることがありますね。しかし質の方はなかなか良く、綺麗に鳴らしてくれます。


まとめると、やはり特徴は低音でしょうかね。
ただ、調節用の穴のおかげか、篭ったりすることは一切無くクリアで、ボーカルも自然に聞こえて、聞いていてとても楽しい音です。
不満で聞いてられないと言う曲は特に無く、クラシックを覗いてどんなジャンルでも楽しく聞けるのでは無いでしょうか。
クラシックは聞かないのでわからないのですが、おそらく高音について不満が出そうではあります。もう少し量が出て綺麗に響いてくれると良い感じなのですが。


6,980円という価格で割りと買いやすい値段だと思いますし、おすすめの機種ですね。
SE215SPEが出てきて、より厳しい価格帯になって来ましたが、非耳掛け式ですし十分選択肢に入るのでは無いでしょうか。



視聴環境
S:flo2→HPC-SS→ibasso A02→K374


しかし、改めて書いたレビューを読むと、どんな音なのかよくわからないですねw
そんなこんなでちょくちょく修正するかもしれません。
posted by RiQn at 23:07| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。